ブログトップ

一景一話

doitsuwine.exblog.jp

【一景一話】 ~心に残る景色との出合いと食の愉しみ~

我が町に昭和の時代に飲食店で栄えた西裏という地区がある。

平成になってすっかり衰退してしまったが、この数年、再び息を吹き返してきた。

今では行きつけの店が10店舗ほどある。

先日、久しぶりに 「みいちゃん」 に入った。
この店は週末はいつも盛況で、この半年間、門前払いを食らっていた。
ウイスキーのボトルもキープしてあるのに・・・

でも先の週末、運良くカウンターに座ることができた。
いつもの焼き鳥。

e0297347_2129619.jpg

うま~~~~~~~い!





(完)
by doitsuwine | 2018-06-13 17:23 | 山梨 | Comments(2)
清澄庭園を散歩して早めの夕食は大好物の深川飯。

e0297347_21145389.jpg

夜のエンターテイメントを楽しんでおやすみなさい。

夜は明けて、護国寺へ。

e0297347_21153096.jpg

音羽富士にお参りして境内へ。
骨董市を覗くため。

e0297347_2116299.jpg

戦利品を入手して、ランチはカルビ丼。

e0297347_21162729.jpg

新宿へ移動してルノアールでハニーレモン。

e0297347_2117941.jpg

その後は世界堂で画材を買って、まあ、いつものコースかな。





(完)
by doitsuwine | 2018-06-12 17:10 | 東京・神奈川 | Comments(4)
「吉田のうどん」がとうとう「カレーうどん」になってしまった。

もはやこんなものは「吉田のうどん」とは呼べない。

e0297347_1584810.jpg

それでは「吉田のうどん」とは何か、ということになるのだが、すくなくても麺の特徴だけではありえない。
固くて腰のある麺というのは確かに重要な要素ではあるが、汁から具、辛味にいたるまで、吉田のうどんには長い歴史が形成してきたそれなりの「定義」がある。

汁は味噌と醤油のミックス、具はキャベツと油揚げ、肉は本来入らないが、入れるとすれば馬肉である。
それ以外の具は使わない。
練り辛子は各店それぞれのオリジナル。

これらの点を鑑みると、もはや「吉田のうどん」と呼べるのは「桜井うどん店」だけになった。





(完)
by doitsuwine | 2018-04-14 17:58 | 山梨 | Comments(2)
昼食をとるために、焼津さかなセンターへ。

いろいろ食べたいなぁ。

いろいろ考えた後、焼津めしに決定。

e0297347_20451311.jpg

うまい。

e0297347_20455960.jpg

家族に海産物の土産をたくさん買い込んだ。





(つづく)
by doitsuwine | 2018-02-21 17:42 | 静岡 | Comments(0)
富士五湖観光といえば白糸の滝。
ハンガリーのみなさんを誘いました。

その前に腹ごしらえ。
富士宮といえば、もちろん焼きそば。

e0297347_1341860.jpg

それに今年初のかき氷(*^▽^*)
ここは絶対にミルク金時!!!

e0297347_1345426.jpg

いや、旨い。

そして白糸の滝へ。

e0297347_1355695.jpg

この水しぶきに体全体が癒される・・・

e0297347_1362174.jpg

いいねぇ(*^▽^*)

e0297347_1363763.jpg






(つづく)
by doitsuwine | 2017-07-01 17:10 | 静岡 | Comments(2)
散策をしたら腹が減った。

松代町内にもどり適当な食堂に入る。
ノスタルジックな昭和の雰囲気プンプン。

e0297347_22344978.jpg

だれもいない。
カウンターに座る。

大将が出てきた。
大将 「ご飯がいい? 麺がいい?」
私 「ご飯」
大将 「じゃあ焼き肉定食がいいよ!」
私 「・・・(たくさんあるメニューはいったい何なんだろう・・・)」

でも一対一だから会話が弾む。
歴史の話をしたら、
大将 「そういうお客さん大好きなんだよ」
だって。
困るなぁ。

大将 「野菜は今朝取り立てだから美味いよ」

e0297347_22364516.jpg

本当に美味かった (*^_^*)


ごちそうさまでした。




(つづく)
by doitsuwine | 2017-06-04 17:26 | 長野 | Comments(0)
路傍の青面金剛像にお別れを告げ、帰路に着く。

e0297347_21425869.jpg

山の中には食堂が一つもないから、里まで下りねばならない。

e0297347_2143137.jpg

ここは道の駅しもべ。

e0297347_21433346.jpg

『 木喰庵 』 という蕎麦屋で 「ざる蕎麦と蒸籠山菜おこわ」 をいただく。

e0297347_21435098.jpg

おこわが美味い!

こちらは本栖湖から眺める富士山。

何円札かのデザインになっているビューポイント。





(矢細工・完)
by doitsuwine | 2017-03-27 17:38 | 山梨 | Comments(0)
居食屋 『とりせい』 さんで釜飯をいただき、

e0297347_1663652.jpg

再び散策、

e0297347_1665736.jpg

菓子屋横丁へ向かう。

e0297347_1672686.jpg

ここで家族にお土産購入。

e0297347_1674115.jpg

「ねこまんま やきおにぎり」の店は行列!

e0297347_16101362.jpg

一番街は 「食べ歩き大通り」 と改名した方がよい。
ネコも杓子も歩きながら何かを食べている。
寒いけど町歩きは楽しい。

e0297347_1682986.jpg







(つづく)
by doitsuwine | 2016-11-27 17:01 | 上記以外の日本 | Comments(2)
ここまでは、ハンガリーの会員たちと同行。
ランチでレストランを探したが、なかなか見つからない。
仕方がないので、ビストロでOKとしよう。

e0297347_1734268.jpg

どうせ私は食欲ゼロなので、ここで十分だ。
(W夫妻ごめんなさい!!)

e0297347_1734527.jpg

ポテトスープにピラフ。

e0297347_17351572.jpg

さあ、また、町に繰り出すぞ070.gif

e0297347_17354063.jpg






(つづく)
by doitsuwine | 2016-10-09 17:25 | ハンガリー | Comments(0)
この日(8/18)のランチは河口湖で一番人気の食堂 『マルシゲ』 で。
レストランと言うよりはやっぱり食堂。
外観も中も、何の飾りもない殺風景な食堂。
知らなければ完全に通り過ぎてしまう建物。

e0297347_1642110.jpg

この食堂、ほとんど毎日、満員となる。
お目当ては 「ステーキランチ」 、970円。

e0297347_16421070.jpg

不思議な現象である。




(完)
by doitsuwine | 2016-08-24 17:27 | 山梨 | Comments(0)